せせらの成分は、細かく表記されています

せせらが販売している水素水の詳細は、公式のホームページにきちんと記載がされています。基本的なこととして、水素水は沸騰させると配合されている水素が抜けてしまうので、常温か冷たいままでの摂取を注意点として述べています。せせらの水素水の成分は、溶存水素量が1.4ppm、pH値が6.2〜7.2、酸化還元電位が-500〜-600mv、硬度が85mg/lと、公式ホームページに細かく記されています。この値は素人には判断がつきにくいものですが、市販のミネラルウォーターと比べてみると、その違いが分かるかもしれません。また水素が含まれているので、安全の面で気にされる方も多いかもしれませんが、その成分は厚生労働省からも食品添加物と認められた人体に無害なものです。品質や成分も変化しないよう、せせらの容器はアルミパウチが採用されています。水素が抜けないような配慮が徹底されているのです。細部までこだわった安全な水を提供しているので、今話題の水素水はせせらで一度お試しになってください。